Entries

精霊の日

皆様こんにちは。
春はあけぼのと言いますが春眠暁を覚えないものでひねもすのたりな担当Rです。
毎年毎年…。

今日は精霊の日(しょうりょうのひ)というらしいです。
なんでも、柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人の忌日がこの日であると伝えられているそうで。
お三方とも百人一首に歌が選ばれています。

柿本人麻呂と言えば、この歌。
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
~の、~のというリズムの良さ、山鳥の尾の長さと夜の長さをかけているところがポイントですね!
そして分かりづらいのですが恋愛の歌なのですよ、これは。
かるたに描いてあるおじさんのイメージで読むとちょっと…なのでイケメンを想像して読みましょう。
こんな夜長にあなたに会えないなんて!(とイケメンが言っています)

そして和泉式部と言えばこの歌。
あらざらむ この世の外の 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな
恋に生きる女、和泉式部!
死ぬ前に、この世の思い出として、もう一回だけ会いたいの~!!
という歌ですね。
この人は本当に情熱的なイメージです。

最後、小野小町と言えばこの歌。
花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に
やっぱり美人だったんでしょうね。
花の美しい時期が短いことと、自分の美貌があっという間に衰えてしまったことをうまいことかけている!
…美人だったんですね。うりざね顔。

実は私は小野小町ではこっちの歌の方が好きです。
思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを
ちょっと少女趣味でかわいい!!
夢だってわかってたら目覚めたりしなかったのに~(T_T)
といういじらしさ。

短歌は、たった57577の31音なのですが、その言葉のむこう側に見えるその時代の暮らしや心情が生き生きと伝わってくるので面白いと思います。
あまりこういうの、読まないんだけど…という方はこの機会にぜひ。
私個人の楽しみ方は、↑こんな風にナルシスト小野小町、とか恋のためなら何でもするわ和泉式部、とかキャラ設定して面白おかしく台詞を言わせて読む、というマニアックな楽しみ方です。
これも、意外と楽しいのでぜひ(笑)
お勉強の時もこうすると楽しく覚えられますよ!

ではではまた明日!
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hakataajigokoro.blog.fc2.com/tb.php/184-40a5e359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

博多味ごころ通販

Author:博多味ごころ通販
博多味ごころ通販の、
担当CとMです。
福岡の旬の味を全国の皆様に
お届けします\(^o^)/

〒813-0034
福岡市東区多の津4-18-18
(株)旬[カブシキガイシャ シュン]
TEL:0120-071312
FAX:0120-071317
MAIL:info@hakata-ajigokoro.com

最新記事

@hakataajigokoro

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR